ワードプレスおすすめプラグイン|知って得する便利なプラグイン4選

WordPressでオススメのプラグイン

WordPressを使っていく上で、カスタマイズに欠かすことのできないプラグイン。バックアップやアクセス解析など裏方の機能はもとより、見やすさや便利さをWEBサイトにもたらしてくれるものまで様々なものがあります。
同じような機能のものでも数多くのプラグインが存在し、使い勝手も千差万別ですが、今回はそんなプラグインの中でも使いやすくおススメの機能のものをいくつか紹介していきたいと思います。

「Table of Contents Plus」

h2、h3などの見出しをもとに記事の目次を自動生成してくれるプラグインです。自分で目次を作ったり、アンカーリンクを張る手間が省けるため非常に便利です。
読者が読みたい記事にすぐ飛ぶことができるので、情報にすぐにアクセスできる読みやすい記事を簡単に作ることができます。

「Contact Form7」

お問い合わせフォームを簡単に作成できるプラグインです。指定したメールアドレスにお問合せ内容を送信するフォームが作れます。
使い方を変えて「コメントやネタ募集フォーム」などにも使うことができます。
作者と読者をつなぐフォームが設置してあるだけで、とても風通しのよいWEBサイトになります。目立つところに設置する必要はありませんが、導入をおすすめしています。

「Meta Slider」

jQueryを使って4種類のコンテンツスライダーを導入するプラグインです。
フォトスライダーを固定ページ、記事問わず挿入できるようになるので、簡単に動きのあるWEBサイトをつくることができます。
スライドのサイズやエフェクトの強弱など設定も細かくすることができるので、ひとつ導入すれば様々な使い方ができるおススメのプラグインです。

「Disable Comments」

投稿済みの記事や固定ページからコメントを一括で無効にすることができるプラグインです。
コメント欄でコミュニケーションをとることができなくなってしまいますが、スパムや荒らしをその都度削除する手間が省けます。
前述している「Contact Form7」によるお問合せフォームを上手に活用すれば、読者とのコミュニケーションは十分にをとれるためこちらも導入をおすすめしています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回おススメしたプラグインはほんの一部で、WordPressには膨大な数のプラグインが存在します。
「こういうサイトがつくりたい」「こういう機能が追加したい」という願望をかなえてくれるものばかりですが、闇雲に導入してはサイトが多くなり見づらくなっていくばかりです。
自分のサイトの理想形をしっかり見定め、それにあったプラグインを導入するようにしていきましょう。

関連記事

  1. LPとは何か?|その必要性と集客効果についても説明

  2. wordpressでホームページを作成する5つのメリットと4つのデメリ…

  3. WEBサイト制作でワードプレスをオススメする4つの理由

  4. 共起語を使用してコンテンツの質を上げる!エンティティが重要な理由

  5. ワードプレスの使い方 | サーバー取得から公開までのやり方

  6. ディスクリプションは各ページごとに設定しよう!間接的にSEO強化に繋が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。