LPとは何か?|その必要性と集客効果についても説明

LPとは?

ユーザーがホームページに着地する「land」から名前が付けられたもので、GoogleYahooなどの自然検索結果から公式サイトに飛んで、リスティング広告などを経由しユーザーが最初にアクセスするページのことです。ホームページの着地ページが複数ありユーザーごとに異なるものが「広義のランディングページ」といい、ネット広告にリンク元を設定して1ページの中で問い合わせや資料請求・もしくは購入を促すなどの独立したページを「狭義のランディングページ」といいます。

なぜLPが必要なの?

興味のある広告内容によってユーザーを制限するので、特定のユーザーに見てもらいやすく最適化しやすいといえます。LPで情報をひとまとめにできるので、ページ遷移の際の離脱が少なく、制作費用が安くコスパがいいなど、効率的に無駄なく集客する為にLPが必要不可欠なのです。

LPの効果でどれだけ集客・問い合わせが増やせるの?

LPを使用せず、ニュースサイトなどで使っているページ分けをするのと何が違うのか?気になりますよね。ページ分けしてしまうとクリック率を大幅に下げることになります。リンクのクリック率は通常1%~10%程度になり、MAXでも30%程度です。LPは縦長にスクロールさせ情報を集約できるので、余計な手間をかけずに情報が欲しい人や、急いでいる人にも適したホームページになり、問い合わせや購入を増やし集客することに繋がるのです。

関連記事

  1. WEBサイト制作でワードプレスをオススメする4つの理由

  2. ワードプレスの使い方 | サーバー取得から公開までのやり方

  3. ワードプレスおすすめプラグイン|知って得する便利なプラグイン4選

  4. ディスクリプションは各ページごとに設定しよう!間接的にSEO強化に繋が…

  5. 共起語を使用してコンテンツの質を上げる!エンティティが重要な理由

  6. wordpressでホームページを作成する5つのメリットと4つのデメリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。