ランディングページとホームページの違いって何?

こんにちはオトノハデザインの遠藤です。

今回はランディングページとホームページの違いについて解説していきます。

何故このタイトルで記事を書こうと思ったかというと、ランディングページを縦長のホームページと勘違いしてる人が多いからです。

ランディングページとホームページは役割も異なるため、もし違いがわからない方はこの記事を読んで参考にしていただければと思います。

 

ランディングページとホームページの特徴

まずはそれぞれの役割について解説していきます。

ランディングページの特徴

ランディングページは簡単に言うと集客に特化したページです。

一枚ページで作られており、ホームページのようにメニューバーなどはありません。

お申し込みをするか?ページを閉じるか?の2択が基本なので、1つの商品・サービスをPRするページとして効果を発揮します。

ホームページの特徴

コーポレートサイト、ECサイト、採用サイトなど様々なものがありますが、これらは全てホームページです。

ホームページは複数のページが存在し、会社概要やサービス内容など、様々な情報が見れるようになっています。

会社によってホームページを作る目的は様々ですが、基本的には情報提供が目的のページです。

 

ランディングページとホームページの集客方法の違い

結論からお伝えすると、ランディングページはgoogle広告やFacebook広告で宣伝し、ホームページは自然検索から来たユーザーに宣伝していくのが基本イメージです。ではそれぞれ解説していきます。

ランディングページが広告に向いているのは何故か?

ランディングページは1つの商品・サービスをPRするページなので、ユーザーのニーズにピンポイントで宣伝する事ができます。

そのためgoogle広告やFacebook広告をかける場合、ホームページよりもランディングページの方が向いています。

ではホームページをgoogle広告にかけてしまうとどうなるか?

離脱率が増えます。何故かと言うとホームページは複数のページで構成されているため、ユーザーの興味が他に向いてしまったり、探し求めているページに行き着かなくて離脱してしまうためです。

ホームページの基本は自然検索からの集客

 

一方、ホームページについてですが、googleYahooなどの検索エンジンは質の良い情報を多く届けているページを選び上位表示させます。

これを一般的にSEOと呼びますが、これでページが上位表示されると、広告費を払う事なく自然検索から集客する事が可能です。

しかしデメリットもあります。それは上位表示させるには時間と労力がものすごくかかることです。

基本的には記事を都度発信していかないと上位表示は難しいと考えてください。また、質の低い記事をいくつ投稿しても同様の結果になるでしょう。

まとめ

 

それぞれの違いと使い方を簡単に説明しましたがいかがでしたか?

もし、わかりにくい!さらに詳しく知りたい!と言う場合は

気軽にコメント、もしくはお問い合わせフォームから連絡して下さいね。

関連記事

  1. ワードプレスおすすめプラグイン|知って得する便利なプラグイン4選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。